FC2ブログ
紅本の不規則日記。イラストサイト運営中。サイトへはリンクの「紅本楼」で飛べます。コメント欄がありますが、スパムコメントが多いので、コメントやメッセージは紅本楼サイト内のメールフォームから送っていただけると助かります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
足尾銅山観光
激しく険しい山道を上がり下りして
命からがら足尾銅山へ到着。
3770707_1221174795_53large.jpg

まず腹ごしらえ。
銅山観光付きの
8人くらいしか入らない
小さな食道へ。
3770707_1221174801_84large.jpg 3770707_1221174799_159large.jpg
銅製のコップでコーヒーが出てきた。
美味い!

受付を済ませると
銅山の現場までトコッロで運んでくれる。
3770707_1221174790_253large.jpg3770707_1221174768_157large.jpg
この日は木曜で客が少なく、
乗ったのは
親父、私、他の客1人。
ほぼ貸し切り状態www

ゆっくり出発。まずわたらせ渓谷を散策。
3770707_1221174762_125large.jpg
この時は時速4キロくらい。

銅山入口が近づく。
3770707_1221174742_131large.jpg
この辺りで徐々にスピードが上がり、
時速6キロほどに。

銅山突入。
3770707_1221174732_155large.jpg
入るといきなりスピードアップして
時速15キロほどになる。

現場の一番奥まで運ばれて
トロッコから放り出され、
「出口まで歩いてこい」仕様です。
3770707_1221174728_170large.jpg

この日は暑かったのだけれど、
銅山の中は
冬か!ってくらい寒い寒い。。。
気温15度くらいだと思う。

現場のどこでどんな作業をしていたのか
を人形で再現。
3770707_1221174719_237large.jpg3770707_1221174716_213large.jpg
3770707_1221174707_179large.jpg3770707_1221174666_158large.jpg
こんな人形がそこかしこにあった。
暗くて不気味w
写真撮りまくる(^∀^ )

親父は写真を撮るより
自分の頭に思い出をおさめるタイプなので
私を置いてスタスタ行ってしまう。

一緒にトロッコに乗ったおじさんも
写真を撮る人ではないらしく、
「つまんねー」って言って
親父より速く先に行ってしまった。


これは自然と沈殿した銅です。
3770707_1221174690_85large.jpg

銅にもいろいろあって、
洞窟の天井にはたまにこんな青い銅が。
3770707_1221174677_29large.jpg3770707_1221174674_12large.jpg
これは銅が錆びた物で
ここまで青くなると
岩の内側は腐らないそうです。
とてもキレイ。。。。


洞窟内にはお堂がある。
3770707_1221174659_13large.jpg
作業で亡くなった人を鎮めるものなのか
山の神を祀った物なのかはちょとわからなかった。
鳥居から祠までが水たまりになってて
神秘的。


洞窟が終わると資料館へ。
3770707_1221174637_103large.jpg3770707_1221174630_229large.jpg
銅以外にも
いろいろな鉱物が取れたようで
それが展示してある。

それが終わるとまた寒い廊下。
3770707_1221174628_24large.jpg

暗がりに銅が展示。
3770707_1221174605_23large.jpg3770707_1221174531_237large.jpg

長い廊下を進むとやっと出口!
3770707_1221174490_243large.jpg

40分ぶりのシャバ!
3770707_1221174487_235large.jpg
ふぅ。。。生き返った。。。


あら、もう1つ館が。。。
3770707_1221174469_136large.jpg
中に入ると
銭の作り方の展示館だった。
銅を採取して
その場で銭作ってたんだぁ。。

すごく細かい行程があるんだけど、
ダイジェストで言うと

銅を溶かして
3770707_1221174456_194large.jpg
型にいれて火で燃やして
3770707_1221174386_87large.jpg
型から切り出して
3770707_1221174359_184large.jpg
洗って → 磨いて(これをかなり繰り返す)
3770707_1221174346_83large.jpg3770707_1221174353_46large.jpg
検査してできあがり
3770707_1221174330_68large.jpg
最後の検査で駄目だったら
また溶かすところからやりなおし。

シビアだー。。。


作り方の説明が終わると
いろいろな銭の展示ルームへ。
3770707_1221174318_146large.jpg

一両分の銭を持って確かめられるコーナー
3770707_1221174315_151large.jpg
・・・・・・・おっも!

昔の人は両替するにも
体力が必要だったんだろうな。。

無理!


大判コバーン♪
3770707_1221174299_201large.jpg3770707_1221174278_164large.jpg
こちらも重そう>m<

昔のお札。明治時代くらい。
3770707_1221174271_55large.jpg

最後にお土産屋さんに行って
銅山観光終了。

私たちと入れ替わりに
大量の小学生の集団がぞろぞろと受付へ。

・・・・社会科見学か!

しばらく
ひよこ達の列を見送る。。

引率の先生に聞いてみる。
珪「あのーすいません。。
  どこの小学校ですか?」
先「八王子です。^^」

うっはー(゚□゚;父) 遠い所から(。□。;珪)

次にバスガイドさんに聞いてみる。
珪「あのーすみません><
  何年生ですか?」
(ガ◎∀◎)「あ、私ですか?キラーン」

・・・・・違うよ?wwwwww
すげー目がキラキラしてるけど違うよ?www

珪「いえ、この子達は?」
バ「あ、6年生です^^」

バスガイドさんの瞬時のボケを殺して
銅山を去る。。


ついでに日光に寄ってみる。

こちらは特に目的はなかったので
ただ羊羹を買って帰った。

途中で猿を見かける。
3770707_1221174230_102large.jpg
かわいい。。。


東照宮をスルーして
神橋の前へ。
3770707_1221174243_198large.jpg
すごくキレイなんだけど
写真撮るだけで我慢我慢。。。


東照宮前に
つるだらけの飲食店あって
つい撮ったんだけど
3770707_1221174254_226large.jpg
この店こんな装備で大丈夫か??

緑のカーテンどころじゃねーべ?

一抹の疑問を残して
足尾ー日光ドライブ終了。。。。
スポンサーサイト
【2012/11/27 16:11】 リアルな日常 | トラックバック(0) | コメント(11) | Page top↑
三日月村
スネークセンターの後は
お隣の三日月村へ。

スネークセンターも山の中腹だったけど
三日月村はもっと上!
山頂に近いところにある。
3770707_1249039272_170large.jpg

入り口の前にこんな立て札が。
3770707_1247675175_135large.jpg
信じられないレートwww

米$ですら80円切ってる時代に
1文100円!
3770707_1247675168_166large.jpg
地図も時代的。


村に入って
目の前には茶屋。
3770707_1247675171_227large.jpg

昼にご飯ナシで
まむしハンバーグのみを食べているので
食いしん坊の伯父の腹が心配。
茶屋でそば大盛りを注文。

屋内でのんびり待つ。
3770707_1249039281_191large.jpg3770707_1247675151_85large.jpg
ここがけっこう凝った造りで、
ロケーションも林の中なので
本当に江戸時代の茶屋にいる気分。

囲炉裏の蚊取り線香も風情がある。

蕎麦が到着♪・・・・・・2人前orz
3770707_1247675153_245large.jpg
「山菜蕎麦の大盛りを1つ」
って頼んだのに(>m<)

まぁ客が2人なのに
蕎麦は1つしか頼まないって思わないよね。

でも1つったら1つなのだよ!

伯父の大盛りに
私の普通盛りの半分を渡して
少し食べる。
3770707_1249039295_145large.jpg3770707_1249039298_140large.jpg

蕎麦食べた後も
茶屋のあまりの快適さに
ぐだぐだしていたら
閉館まであと1時間になってしまった(わー


急いで茶屋を出ると
目の前にコスプレイヤーさんが!
3770707_1249039301_108large.jpg
あまりにも似合っていて
ロケーションもぴったりなので
撮らせていただいた。

続いてアトラクションを4つほど。

まずは洞窟探検。
3770707_1249039305_166large.jpg
洞窟の中に
いろいろと仕掛けがあり、
それを見破らないと進めない仕組み。

足場が暗いので
懐中電灯をお借りして中へ。

仕掛けの1つはこちら。
3770707_1249039315_134large.jpg
何の変哲もない神棚。
白い足あとの上に立ち、
手を2回叩くと
棚が動いて出口に繋がる
という仕組み。


次が斜めの蔵。
3770707_1247675115_155large.jpg3770707_1247675112_148large.jpg
すっげーナナメですねwww

蔵の端から端まで行くのが大変><


次がミラー仕掛けの蔵。
3770707_1247675120_81large.jpg
何があるかなー。。。
と蔵に入った時、
頭に違和感が。。。

頭のてっぺんを触ってみると、
なんか硬い物にあたった。

桂「わーなんか虫いる!虫いる!
  伯父さん取って!!!!」
伯父「あー。。。いやー。。。。できない。。」

(桂;△;)!!! おーっとぉ?!


仕方がないので
アトラクションの受付まで戻って
おばちゃんにお願いする;;;;

珪「なんか頭に虫がいるんです;;;」
伯「んー何だい?
  あーこれね^^」
珪「な、何ですか?何がついてますか?;;;」
伯「ナナフシだね^^
  噛まない虫だから大丈夫だよ^^」
珪「はぁ。。。そうですか(>o<)
  あのー取ってほしいんですけど。。。
  その前にコレで撮っていただいていいですか?」

ケータイをおばちゃんに渡す。

虫を取ってだの撮ってだの
ぎゃあぎゃあ騒いでいると、
他のお客さんの子どもが
わらわら寄ってきて
すげー冷やかされた。

「あー虫?虫?きゃはははは」
「気持ち悪いやーだー」
「どうしてすぐ取らないの?何してんの?」


う、うるさい子ども達!(;◇;)

大人というものはだね、
「虫が頭についた最悪!」
って叫ぶと同時に
「あ、これブログのネタになる写真撮らなきゃ」
って思ってしまう
やらしい生き物なのだよ!!!!

ほっとけ!

ケータイカメラが不慣れなおばちゃんは
撮影に3度も失敗し、
4回目でやっと撮ってくださり、
それからナナフシを取ってもらう。
3770707_1247675107_40large.jpg
見えないと怖かったけど
写真になってしまうと大したこと無かったorz

子どもに笑われるわこりゃ。。。


それからからくり屋敷を堪能♪
ここが一番おもしろかった。
あまりにおもしろすぎて
写真を撮るのを忘れるほどに。。。


アトラクションが終わると
村の奥へ。
3770707_1247675003_71large.jpg3770707_1247675000_149large.jpg
こちらもハイクオリティな
江戸の村の再現率。。

水車や茶屋もある。
3770707_1247674998_93large.jpg3770707_1247674996_91large.jpg
ここの茶屋で
麦茶を出してくださり、
飲みながらぽつぽつおしゃべりをして
帰路。

3770707_1247675145_79large.jpg
けっこうな山道を
サンダルで帰る伯父と姪。

タノシカタ(ー▽ー)ノ
【2012/11/19 20:09】 リアルな日常 | トラックバック(0) | コメント(15) | Page top↑
ジャパン・スネークセンター
伯父と
群馬県のジャパン・スネークセンターへ。
3770707_1249039260_159large.jpg

まむしハンバーグを食い終わると
(店長・△・)
「今は暑いから草原の檻にいる蛇は
 日陰に潜って見れないかなー。
 温室を回るといいよ^^
 3つあるからね。」

「あざーす&ごちそうさまでしたー」(・ω・ま)



まずは
熱帯蛇類温室へ。
2階から入ったらこんなのが!
3770707_1247675427_195large.jpg
は虫類系のオブジェや置物がいっぱい。

1階に降りると本物の蛇たちのケージがずらり。
3770707_1247675381_229large.jpg

3770707_1247675417_64large.jpg
あれ?ワニがいる。。
蛇どこよ?

3770707_1247675409_188large.jpg
あーいたいた♪

3770707_1247675406_182large.jpg3770707_1247675401_246large.jpg
どうやら前科者だったようです(ひー

お隣のケージにいるこの子
3770707_1247675394_247large.jpg
カメラを向けると
良い仕事してくれました。
この日のベストショットです。

と思ったら・・・・
3770707_1247675383_170large.jpg
この子も前科持ちでしたwww

怖い怖い。。。。。


次に毒蛇温室へ。
3770707_1247675287_102large.jpg
この写真を撮った時点で、
つまり温室に入る前に
中から子どもの悲鳴がいっぱい聞こえたwwww

どんだけよwww

3770707_1247675285_64large.jpg
美人。。。

3770707_1247675273_10large.jpg3770707_1247675268_107large.jpg
黒目がちですね(●ω●)

3770707_1247675267_137large.jpg3770707_1247675262_75large.jpg
お口だけ見るとかわいい(・ω・)
 
3770707_1247675251_233large.jpg3770707_1247675253_248large.jpg
「頭が三角の蛇は毒蛇」
ってよく言いますね。
そういう意味でこの子は
毒蛇らしい毒蛇。
 
3770707_1247675244_95large.jpg
コブラ様キターーーーーーー!

しかもカメラを向けると
頭を持ち上げてこっち見てくれた!
3770707_1247675241_41large.jpg
なんというサービスwww

単に腹減ってただけだろうけどね。

蛇は食が細い動物で、
週に1、2度くらいしか食事をしない。
数週間に一度しか食べない蛇もいる。
腹が減ってない時は
極力動かないようにする。
腹減ったら殺気とともに動き出す。

だから動いている蛇はとても危険です。
特にコブラはwww

水に全身浸かる蛇。
3770707_1247675235_21large.jpg
暑いもんねー。。。

壁にはアナコンダの皮。
3770707_1247675215_148large.jpg3770707_1247675213_199large.jpg
5m?! すごーい。。。。


最後に
大蛇温室へ。

温室の前には草原の檻。
3770707_1247675211_88large.jpg3770707_1247675210_40large.jpg
ひろーーーーーーい!

暑くて隠れてるんだろうけど、
こんだけ広いなら自由に動けるよねー。。。

塀が内側に曲がってるから
蛇は絶対出ないしね。

むしろ人が入らないかが心配。。。
(しつこいほど「入んな!」って立て札がある)


さてさて大蛇温室。

ウミヘビさんがお顔をにゅっと水面にだす。
3770707_1247675202_202large.jpg

夫婦蛇。
3770707_1247675199_91large.jpg3770707_1247675196_38large.jpg
産みすぎだからwwwwww
大出産ですねー。。。

亀がいるケージもある。
3770707_1247675194_249large.jpg
エサじゃないよね?(ぉ


テキトーにお土産を買って
スネークセンターを去る。

私ばっかはしゃいだんだけど
伯父は楽しめたんだろうか?w
【2012/11/12 09:09】 リアルな日常 | トラックバック(0) | コメント(17) | Page top↑
まむしハンバーグ(グロ注意)
群馬県のジャパンスネークセンターへドライブ。
3770707_1249039260_159large.jpg

受付で
まむし料理について聞くと
店長さんに2階へ案内される。
3770707_1247675579_103large.jpg
メニューを見せてもらうと
ハンバーグ、蒲焼き、姿焼き、唐揚げ
がある。

珪馬「初めての人が
   一番食べやすいメニューはどれですか?」

店長「もちろんハンバーグだね。
   蒲焼きや姿焼きは骨があるから
   選り分けるのが難しいんだよー。」

珪馬「じゃあハンバーグで、
   私はあまり食べられないので梅コース、
   伯父はたくさん食べるので松コースでお願いします。」

店長「はーい^^」
   良い時期に来たねー。
   今はまむしの産卵時期だから
   身と卵を食べられるよ^^」

まむしをケージから取り出し
見せてくれる店長さん。

「これが牙ね♪
 ほら、ここ腹。触ってごらん。
 卵が入ってるんだよ^^」
3770707_1247675567_176large.jpg

(珪;o;)ふひっ!ぶよぶよしてる。。
      カマキリの腹みたい(もう泣きそう

するすると2匹のまむしを
軽快にさばく店長さん。
3770707_1249039264_28large.jpg


まず生き血(キモ入り)赤いショットグラス♪
3770707_1247675536_44large.jpg
店長「血が固まらないように
   1、2滴アルコールを入れましたからね^^
   一気に飲んでいいよー
   全然生臭くないからね^ω^
   下の方にキモが入ってるから
   それは噛まずに飲んでねニガいからね♪」

たしかに生臭さはなく
そば湯みたいな味がする。
血の味は全くない。
底にあるキモは
噛まなくても舌の上を通っただけでも
ちょっとニガい。


ここで
伯父が飲みたい顔をしだしたww

珪馬「あの、まむし酒をひとつ。
   伯父だけにお願いします。」
3770707_1247675492_72large.jpg
珪馬「これはアレですか?
   梅酒用の焼酎で漬けているんですか?」

店長「いやーそんなもんじゃ味出ないよ。
   70度以上の酒に3年つけないと
   飲めない飲めない。
   これは20年漬け込んだから
   濃いよー^^」

伯父がいつも飲む焼酎は10度以下だ。
すごく薄めて飲んでもキツそうだった。


まむしをさばき終わると
調理する前に卵を見せてくれた。
3770707_1247675433_19large.jpg

「もうちょっと早い時期に来てくれたら
 真っ白いキレイな卵が食べれたんだけどねー^^
 今ちょっとヘビの形になっちゃってるねー
 ほらこの黒いの、子どもなんだよー∀ー」

(珪馬;∀;)わーホントだー
       卵の中に小ヘビの形ができてるー
       今からこれ食べるんだーあはははは


店長が厨房に消え、
何かを砕くガン!ガン!ガン!ガン!という
音を聞きながら
震えながら料理が運ばれて来るのを待つ伯父と姪。
((((゜д゜;珪)))) ((((゜д゜;伯))))


まむしハンバーグ様の到着。
3770707_1247675431_45large.jpg

珪馬「あ、あのご飯いただけますか?
   伯父は大盛りで。」

店長「あーご飯は隣の食堂でしか炊かないんですよ。
   休日しか食堂はやってなくてねー。。
   私はまむしを料理するだけだから
   申し訳ありませんね>ω<」

・・・もし苦手な味だったら
多めのご飯を口に放りこみ
味をごまかして食いきろう 、という
ちょこざいな打開策がここで途絶えたorz

飯抜きでまむしだけを堪能させる
最高のサービスktkr!


(店長>∀<)ノ
「ハンバーグは骨まで砕いて
 中に入ってるから食べやすいよ^^
 卵は唐揚げにして
 レバーはそのまま食べれるからね。
 どうぞー^^」

まむしと30年ともに歩んだ
店長さんの歴史を聞きながら
少しずつハンバーグを食べる。
まむしが本当に大好きらしく、
まむしの話をしている時の目の輝きが違う。

「30年まむしと暮らして
 7回噛まれて
 2回死にかけたよ^^
 だから血清は2回打ったんだ。
 まむし毒は薬がなくて
 血清打つしか方法はないんだけど、
 血清反応(命に関わるらしい)が
 出るかもしれないから
 簡単に打てないんだよ。」

珪馬「ふぁー大変ですねー」

店長「その死にかけた時の写真がコレねー^^
   この時は入院してねー。。
   やたらキレイで清潔な病院で
   女の人しか入院してないなーと思ったら
   産婦人科だったんだよわははははwwwww」

まだハンバーグ食ってる時に
噛まれて全身腫れた写真を見せられて
もう限界なんですけど;;;;

私の食欲オワタ\(^o^)/


決して不味いわけじゃない。

慣れてないだけ><

ハンバーグは
砕かれた骨がコリコリして
歯ごたえがあり、
うなぎの蒲焼き用のタレより甘い感じの
ソースがよく合う。
酒と相性が良さそう♪

店長の美味しいアピールを信じて
卵も一口食べてみる。
白子を食べているような
まろやかな食感と
卵の黄身ようなほんのりした甘さが
口いっぱいに広がる。
ただし、
卵から飛び出す
小ヘビの形を
舌がしっかり感じとってしまい、
その瞬間の驚きは凄まじいものがある(;∀;)


一番抵抗があったのはレバー。

珪馬「わ、私レバー苦手なんです。。」

店長「大丈夫!豚のレバーと違って
   やわらかいし食べやすいよ!
   一口食べてみて^^」

一口食べたら終わってしまうサイズで
もし大変な味だったらという恐怖で
その一口が踏み出せないところを
ガンガン攻めてくる店長wwww

もうどうにでもなれパクッ

・・・・言う通りだった。
やはり専門家の意見は聞くべきだ。

まむしのレバーは
やわらかく噛みやすく
卵と同じようにほんのり甘い。


卵とレバーは
一口食べただけで大好きになってしまった。

ハンバーグは最後の一切れを食べ終わった頃に
やっと慣れてきた感じ。。

(珪;ーωー)=3 ふぁー。。ごちそうさまです。。

店長「タレもまむしのだしが入ってるからね。
   薄めて飲んでみて^^
   低血圧にいいよ♪」

と言って
皿にお湯を注いでくれる。

(珪馬・△・)マジすか!低血圧に悩んでるんです!

店長「じゃあ定期的に食べにおいでよ。^^」


腹もいっぱい
脳もいっぱい(まむし知識で
でお勘定をして店を出る。

店長さんの人柄のおかげで
楽しく食事できた。。
明るく社交的な人じゃなかったら
きっと半分も食えなかった。

先入観イクナイネ(;◇;)
【2012/11/06 12:16】 リアルな日常 | トラックバック(0) | コメント(11) | Page top↑
人気ブログランキングへ にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ アップアクセス - トラフィックエクスチェンジ型ツールでアクセスアップ! ClickHere
PROFILE
紅本 珪馬
  • 紅本 珪馬
  • ・B型
    ・双子座
    ・栃木県在住
    ・チョコレート大好き
    ・トマト嫌い
    紅本楼(イラストサイト)

    イラストサイト運営中
  • RSS
CALENDAR
10 « 2012 / 11 » 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。